算数でリットルと立方センチメートル、立方メートルの関係を教えるとき

算数でリットル(L)と立方センチメートル(cm3)の関係説明するときに
実際のものに日本語日本語例えて説明すると分かりやすいです。

1Lは牛乳パックの大きさを説明し、10cm×10cm×10cmの立方体の体積と等しいと説明します。
すると
1L = 10cm×10cm×10cm なので
1L = 1000cm3 となります。

まずこれを覚えさせます。

次にミリ(m)は1/1000でキロ(k)は1000倍と説明します。今回はkはありませんが
具体的に分かるようにするために1mは100cm、1cmは10mmだから1mは1000mmという感じで
ミリ(m)は1mを1000個に分けたものを説明し、ミリ(m)の意味を覚えさせます。
1m =1000mmと同じように
1L=1000mL と なることを教えます。

そして
1L=1000mL
1L = 1000cm3
なので1000mL = 1000cm3 となり。
その半分の500mL = 500cm3、100mL = 100cm3という感じで、小さくしていき
結局 1ml = 1cm3ということが分かります。

また、1m3をLで表すには
1m3 = 1m×1m×1m
= 100cm×100cm×100cm
=1000000cm3

1L = 1000cm3なので

1m3 = 1000Lとなることが分かります。

覚えるのは「1L = 1000cm3」だけで良いのですが
「1cm = 1ml」
「1m3 = 1000L」
もテストで早く回答ができるように覚えておいた方がよさそうです。

何故か1000がついているので覚えやすいです。

1L = 1m3 など回答した場合に牛乳パックと1m×1m×1mの箱を想像させて、式が間違っていることを考えさせます。

ちなみに
1L = ○○ m3 はテストに出ないと思いますが、
1m3 = 1000Lなので
1L = 1/1000 m3となります。


【問題】
1L = ○cm3
1mL = ○cm3
1000L = ○m3
1m3 = ○L
1000cm3 = ○L
1000mL = ○L
1L = ○mL
1m3 = ○cm3

後はこれに2倍、10倍などして問題を作るとよいと思います。







この記事へのコメント

匿名
2019年04月24日 16:28
文章間違いなんですが、
文の終盤の方の、
「覚えるのは…」の文で、
「…早く回答ができるように
⭕覚えておいた

❌覚えいおいた
になっていましたので、訂正の方
宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック